読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒キャベツ’s blog

日々の日記、音楽のこと、服のこと、機械のこと。とにかくいろいろなことを書きます。

RADWIMPSが評価されているという事実

以前、『君の名は』を見ない理由についての記事をあげた時にRADWIMPSが、得意じゃない、好きじゃないという記事を書きました。しかし、『君の名は』は爆発的な人気でずっと映画ランキング1位でしたし、下がってもまた上がってほんと人気だなーっと心底思っております。その人気を支えてるのは監督とか脚本がすごいってのがもちろんありますが、RADWIMPSっていうバンドがすごいというのもあると思います。好きじゃなくても人気なのはよくわかりますし、なんとなく、評価される部分もわかります。

 

 

 

今回はあんまし好きじゃない私がRADWIMPSの人気について考察して見たいと思います。

 

 

 

◯歌詞も外見も声も独創的

RADはめちゃくちゃ独創的。雰囲気を持ってます。この雰囲気に残念ながら私はハマらなかったわけですが。BUMPとすごく声を比較されたり、似てるって言われているくらい声が優しいというか。悪くいえばヒョロい。でもRADの世界観にはそれはよくあっていると思います。ファンタジーとも言えないサブカルな感じがあります。人間味があるようで、女々しい。このへんがアニメーションと相性がばっちしな感じがします。

次に服装ですよ。今まじまじと見てみると、この服装とかも、みんながハマっていった理由だと思います。あからさまに、人とは違う服装着て俺は独自の路線歩んでますからって感じの服ですよ。オシャレですけどね。この服装も、私がRADを遠ざけてる理由なんですけどね。オシャレな人達は、そういうとこにもRADに目を向けていると思います。人を見た目で判断してはいけませんがね!

 

 

 

◯バンドを聴くことがかっこいいと思った時代にRADがいた

『君の名は』を見る人って私たち20代の世代と30代の世代の人が多いと思います。で、我々が中学生時代の時、そんくらいから、だんだんアイドルグループから、バンドを聴きたくなるんですよ。売れてるJ-POPよりもインディーズバンド探したくなるんですよ。

そんな時すぐ探せたバンドがELLEGARDENか、BUMP OF CHICKENか、RADWIMPSだったと思います。前略プロフで好きな音楽の欄にこれらを書いた世代なわけです。

結構断定的にいってしまいました。言いたいことは、20代の人たちが世代のバンドだから、また今でも評価されるし、騒がれるし、君の名はでも盛り上がるのだと思いました。

 

 

 

◯ギターがすごい

で、上の2つはざっくりとした部分だけで考察しましたが。RADって何がすごいってギターがやばいです。わけわからんです。この、わけわからんギターが、コピーバンドRADで組みたいってなってもなかなかできないわけなんですよね。はっきり言うとむずい。最近のバンドの結構でもありますが。というより、このわけのわからんギターの感じはRADが評価されたからなんじゃないですかね。だって最近のバンド意味わからないくらい難しいことやってると思います。

難しいギターやってたり、指いっぱい動かせば、最高にすごい!、かっこいいバンド!っていうのはあんましなっとくできませんが、RADWIMPSのギターはすごいです。

 

 

 

なんどもいいますが、私はRADWIMPS好きじゃないので、お前は良さを全然わかってないじゃん!って意見もあるかと思いますし、多分あります。ですが、RADWIMPSというバンドが評価されている事実には納得がいっております。でも好きじゃないので聴かないです。

 

 

 

みなさんは、RADWIMPS好きですか?私は聴くと中学生時代思い出しますね。そういう懐かしく感じるのもRADの魅力だと思います。

 

 

それでは!