読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒キャベツ’s blog

日々の日記、音楽のこと、服のこと、機械のこと。とにかくいろいろなことを書きます。

小売業界の何処がブラック要素なのか

雑談

今回は、業界について書こうと思います。小売業についてです。

 
 
 
飲食と並んで俗にいう『ブラック業界』と呼ばれているのが小売業界です。そこで私は小売業界に今でも現役で働いているので、小売業の良い面4つ、悪い面4つをあげていこうと思います。就職活動や転職活動している方は参考にしてください。
あくまで新入社員としての目線です。
 
 
 
◯良い点◯
 
1.はやくあがれる
おそらくチーフクラス、店長クラスではなければ新人は16時から19時くらいにはあがれるんじゃないでしょうかね。こちらは部門にもよりますが私はだいたい18時には帰れています。
しかしこちらは昇進すればなくなる要素ですね。
 
 
 
2.パソコン業務がそんなにない
要は作業が多いので座りっぱなしではないです。なので時間がすぎていくのがはやく感じられます。
 
 
 
3.入社しやすい
私が入社した時はおそらく落ちた人少ないと思います。面接、試験ともに楽でした。
 
 
 
4.連勤にならない
平日休みの業界なので、連勤が少ないです。土日休みだと5連勤あたりまえですが、そう思うとらくです。2日行ったら休みとかありますからね。
 
 
◯悪い点◯
  
1.土日祝日やお盆に休みがとれない
これが厳しいですね。土日休みの友達とはまず予定があいません。私のところは、土曜は休みやすいですし、お盆は振替休日がありますが、ないところもあります。
でも基本はとれないながこの業界です。
 
 
2.パートさんとの関係
パートさんの中にはかなり高齢の方がいます。それくらいの人は私たちがたとえ身分が上だとしてもかなり言ってきます。そして、パートさんはずっといます。社員と違って異動がありません。これに耐えれるかどうかもこの業界の鍵です。優しい方ももちろんいますが、きつい人、わりといます。こちらも店舗によりますが。私のところはとっても優しくしてもらえました。
 
 
 
 
3.不景気を理由とした上司からの圧力
こちらはハンパないです笑 私はまだ新入社員なので。数字をだせ、売り上げ、利益を上げろ、売り場づくりをしっかりしろとしつこく言われます。
どこの会社もありそうですけどね。営業とかの方がこの点は厳しいかもです。
 
 
 
4.朝が早すぎる
朝は早いです。これはかなりきついです。
下手したら5時から7時出勤ありますね。
寝る時間を早くしないといけなくなり、テレビとか、深夜の面白いやつ見れません、、。
 
 
 
こんな感じだと思います。結論から申し上げますと、思ってるほど辛くはないと思います。会社、店舗によりますが。
 
 
 
安定した職業っていうのは、みな適度に少しはブラック要素、きつい部分があって、何をきついと思うかはその人次第だと思います。
私は、きついって思う時もありますが、同期と喋る楽しさと、仕事だからという割り切りで、わりと耐えれていますし、別に辞めたい、辛いとはあまり思いません。
あと仮に好きな仕事だったら、残業しても、あんま何も感じないと思います。あんまし好きじゃないって思う感情がある仕事だと、ちょっとでも残業になると、あーってなるんだと思います。
そして、スーパーが、小売りがめっちゃ好き!っていう人は あんましいないから小売りはブラック業界だと思われるのだと思います。私も好きでやってるわけでは正直ありません。やりがいとかは、感じるようになってはきましたが。楽しさも今は少し感じています。
 
 
でも、本当に辛い時は、自分に合う仕事まだまだあると思いますから、どうか無理をしないでください。
この記事がすこしでも皆さんの役にたちますように。