読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒キャベツ’s blog

日々の日記、音楽のこと、服のこと、機械のこと。とにかくいろいろなことを書きます。

こち亀と私

親父はいつの間にか両さんの歳超えちゃったわ〜って言っていて、いつか自分もと思いましたが、その願いは叶いませんでした。

今回は最終回を迎えたこち亀について語ろうと思います。

 

 

 

まる子、サザエさん、そしてこち亀

そのあとワンピース見るのが日曜日の小学生、中学生くらいまでの日課なのに、いつのまにか、アニメは最終回になって。その時は、アニメをゴールデンタイムにあんまりやるべきではないっていう風潮が高まった時代でした。だから、多分こち亀とワンピースは終わったんだよな。

日曜日宿題やりながら見ていたの本当になつかしいです。

 

 

 

愛すべきキャラクター達

バイクに乗ると人格が変わる本田、両津が好きなおかまのマリア、海パンデカ、ひぐらし、、

キャラが濃すぎるし、何回かに一度同じキャラでてくるんですけど、その周期がグッド。予告を見ると、来週あいつでてくるじゃん!とか思ったり。

商店街のいつも両さんに優しい人達も、ボーナスの日になると、人が変わったり。私はこち亀でボーナスという単語を知りましたね。

中川が両さんのこと慕ってずっと先輩って呼んでるのも今考えたら面白いな。

 

 

 

OPとEDが素晴らしかった

葛飾ラプソディーとおいでよ亀有は名曲ですよね。あと、あー今年もー♪夏が来たーってやつとか。SMILEってやつも好きでした。

なんでだろうとかもEDになりましたよね。

特に葛飾ラプソディーはサークルの卒業式で先輩が歌っていてグッときました。

わりとこち亀いい曲おおいです。

 

 

 

人情味

両さんの子供時代の話は泣けるっていうのはあまりにも有名な話ですよね。担任の先生との別れ、時代の流れによって閉館する映画の話とかありましたよね。ちょっと、記憶が曖昧ですが。間違ってたらすいません。

いつもはちゃめちゃなことやってるのに、これはずるいですよね。でもいい話ばっかり。下町の人情劇。田舎育ちだから、共感できることも多いです。

両さんは、根はすっげぇ、こどもで、ピーターパンみたいなやつ。プラモ、カード遊び、田舎の草遊びとか全部しってて、大人になっても、楽しんでるやつ。社会人になったらとっても憧れる部分がめちゃくちゃあります。

 

 

 

ありがとう両さん

めっちゃ突然最終回になって、作者もさっぱりしていて、なんかこち亀らしい終わり方ですよね。すっごい寂しいけど、一個時代が終わったーって感じです。

私はアニメばっかりでしたが。終わるだけで、かなりニュースになりましたからね。

愛されていたんだと思います。

こども時代のアニメの思い出をありがとう!

 

 

 

今日はここまでで。ちょっと早めの更新でした。

それでは。