読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒キャベツ’s blog

日々の日記、音楽のこと、服のこと、機械のこと。とにかくいろいろなことを書きます。

ラグ使いがはびこる白猫テニス

ゲーム

ものすごくインドアで、外出するよりも、ベッドでゲームが大好きな毒キャベツです。

そういう人多いですよね。

 

 

 

私はスマホにするタイミングがわりと遅かったので、パズドラ、モンストなどを始める時期が遅かったです。なので、始めたころには、みんなどんどん降臨できるようになってる時期で、キャラとかもそろっていて。攻略動画とかみても、いや、そんなキャラもってないし!って感じだったので、白猫テニスがでた時は、すぐ始めました。

もともと白猫プロジェクトやっていたし、キャラが好きだったので。私は、アマタ、ツユハ、ゼロキス、ユイが好きです、、、。

 

 

 

そんな中!私は現在70階くらいのタワーを行ったり来たりしてるのですが、ずっとおかしいな、おかしいなって感じてた、相手がいて、負けすぎるので調べたら、やっぱり問題になっているようだったので書かせてもらいます。

気になってる方も多いと思います。

 

 

 

ラグ使い問題

 

 

 

白猫テニスにおいてのラグ使いとは、相手が打ち返してくると思ったら、突然止まって、気づいたら、突然玉がやってきたり、

絶対に取れないところにボールを落としたのに、相手が瞬間移動したみたいに動いてボールを返してくるみたいなことです。

上の階だとかなりいるらしく、対策があまりうてず、問題になってるみたいです。

やり方はいろいろあるみたいです。

 

 

 

ポケモンバトルにおける、ちいさくなる、かげぶんしんみたいな感じですね。

みんな簡単にできる、戦略だけど、普通やらないだろうみたいなことです。

 

 

 

私がなかなか80階にいけないのは、99パーセントは実力ですが、1パーセントはこのラグ使いのせいだと感じずにはいられません。

だってめっちゃいます。もちろん、意図的でなく、突然電波が悪くなってこのようなことがおきてしまう場合もあります。

だからこそ対策ができづらいのでしょうね。

 

 

 

姑息ですよね。ただでさえ白猫テニスはドリンク次第の運ゲーとまで言われているのに。それはまあお互いが背負っている運なわけで。

でもこのラグを意図的に使うのは、自分次第なわけで。

 

 

 

流行ってほしくなかったです。白猫テニスわざと負ける人もいて、それはまあ許せるけれど、うーん、ラグ使いの人は、勝つことでしか楽しみを見いだせないのでしょうかね。

普通にやったら楽しいゲームだと思いますよ。

ラグ使いがいなかったらな!

 

 

 

今回はゲームの記事でした。

ゲーム大好きなのでまた書けたら嬉しいです。

アクセス数が最近急激にのびてきて、ありがたい話しです。

今後もよろしくお願いします。

それでは。