毒キャベツ’s blog

日々の日記、音楽のこと、服のこと、機械のこと。とにかくいろいろなことを書きます。

スーサイドスクワッド感想

後半はネタバレ含みます。ご注意ください。
前半は回避して感想述べています。
あくまで個人的な意見です。



ハーレイクインの可愛さで話題となっている映画スーサイドスクワッド。DCコミックがマーベルに対抗してきたとしか思えないこの作品。私の見てきた感想は、、割と微妙でした。正直な感想です。



なんというか、もっとハチャメチャだと思っていたんですよね。悪役がヒーローになる映画だし、もっとハチャメチャを望んでいたんですけど、普通だし、内容が薄いと思いました。
あと敵がでてくるんですけど、、うーん。
アクションシーンも、うーん。
そんな感じでした。



それでは以下ネタバレ含みます。














まず、冒頭が悪役の紹介になるのですが、それに時間がとられてしまうのはしょうがないのですが、結局その悪役の設定がわからぬまま進んでいくんですよね。割と事前に予備知識が必要な気がします。

黒人のおばさんがスーサイドスクワッドを結成させるんですが、彼女がスーサイドスクワッドに入れようとした魔女が敵になるんです。この内容って原作にあるんですかね?よくわからない私にとっては、いや、逃がすなよ、入れようとすんなよそのレベルのやつって感じでした。
逃がしてしまうから、結成した悪役に助けて貰おうって、、すごい話だ。
で、戦闘もやっぱり悪役だからまとまりないのかなって感じなのかなって思ったら、意外とまとまっている。ちゃんと戦ってくれる。ハーレイクインだけ、割と自分勝手だけど、うーん物足りなかった。



てかウィルスミスって悪役なの?映画違ったら普通にヒーローでいける設定じゃないですか?



で結局自分たちがやってたことが尻ぬぐいってわかったら、なんかバーに行って、悪人の過去は変えられないんだって、真剣な話している悪人たち。
このシーンいらないと思うんですよね。
思っていた映画とかなり違う、こんなな嫌だって思った一番のシーンでした。



でも、ジョーカーとハーレイの狂った関係、エピソードは良かった。
ジョーカーもっとだしてもやっぱり良かったのでは?



あと名前忘れましたが、隊長もイケメンだった。笑



ラストは、なんか人情だしすぎてうーんだった。まぁ悪人にもいろいろあるよってことなんですかね。



キャラを、DCコミックを知らなすぎて、お前誰だよって感じだから、やっぱりちょっと調べてから行けばよかったです。
日本人のキャラ。あれこそもっと最初に設定だして欲しかったな、、、。
いまいち際立ってなかった。
原作知ってたら楽しいのでしょう。



次回作があったらみたいな。設定とか調べたり、してから行けるし、今度は前半にキャラ紹介なくなりますからね。



今回は感想でした!
個人的な意見です!
もちろんよかったというひともいると思います!



それでは。