読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒キャベツ’s blog

日々の日記、音楽のこと、服のこと、機械のこと。とにかくいろいろなことを書きます。

コンピュータガール①

タイトル『マウス』

 

 

f:id:blacksto:20161027143756j:image

 

 

 

コピックと油性色鉛筆何ですが途中わけがわからなくて最後さっと仕上げました。

マウスを咥えてる女の子ってセクシーだと思うってことを考えて書きました。

こんなカラフルにはしたくなかったけど一応完成。

次のタイトルは多分『ウィルス』です。

 

 

 

それでは。

ハリーポッター期待

雑談

先日書店にいったらあるポスターを発見しました。

 

 

 

 

 

ハリーポッター

呪われた子ども

 

 

 

 

 

調べてみますと、イギリスで舞台化されたものが本になって発売されるというものらしい。だから舞台を見てしまった人のネタバレとかも公開されていて、内容とか結構露出しているようです。 

しかし日本の多くの方はイギリスまで舞台を見にいけた人多くはないでしょうからこれは嬉しいですね。私もハリーポッター好きですが、イギリスまではさすがにわざわざいけませんでした。

 

 

 

しかし、死の秘宝で、小学生のころから読んでいた作品、成長していった作品がこんな形でまた本が出版されるのは、嬉しいのですが、期待値が高まりすぎて、上から目線になりそうで怖いです。

ハリーはきっと、またでてくるのでしょうが学生ではもうありませんからね。魔法に対するワクワクとかあの頃より薄れてそうで怖いです。

でも楽しみです。

 

 

 

ハリーポッターを知らない世代がこれが話題になって見てくれたら嬉しいですね。私たちでいう、スターウォーズ的な存在になってほしい。ドラゴンボールもその類かな?わかりませんが。

 

 

 

皆さんハリーポッター最新作。気長に待ちましょう。それでは!

絵に関する報告

お知らせ

時間に余裕できましたし、高校の時くら書いていた趣味である絵をブログでアップしていけたらと思います。

下手くそかもしれませんがとにかく描くことが好きだし、発表の場もありませんのでブログにのせていきます。

 

 

 

f:id:blacksto:20161024192718j:image

今コンピュータガールってシリーズで絵を描いております。上のはまだ途中です。ちょっとずつ仕事終わりにやりますのでみてください。ちなみに私はベッドでちょこちょこ描いてます。

 

 

 

よろしくお願いします。

ハロウィンを日本で普及したのは?

雑談

こんばんは毒キャベツです。今日はもうすぐハロウィンだということなのでハロウィンに関する記事を。私も中学から大学生までハロウィンを嗜んだ世代であります。もう社会人になって仮装なにやろうとか考える時間もないのでハロウィン楽しめないですが。ハロウィンは大好きでした。

そこで日本にハロウィンをもたらした人々ものを紹介していこうかなって思います。

 

 

 

 

◯ティムバートン作品とナイトメアビフォアクリスマス

おそらく私にとっての原点はこれですね。ティムバートンのナイトメアビフォアクリスマス。こちらの、ダークでキュートのキャラクターたちが、主に怖いもの大好き!っていう感覚と怖いは可愛いという感覚を一部に植えつけたんじゃないですかね。しかもこれディズニーですしね。

公開当初より、ジャックのグッズ販売とかによって広まっていったという感じですね。私は母が大好きでビデオ持ってましたし、フィギュアとかの類集めてました。

 

 

 

f:id:blacksto:20161024174737j:image

f:id:blacksto:20161024174744j:image

f:id:blacksto:20161024174753j:image

家にあったグッズ達 

 

 

 

 

◯ハロウィンをライブに取り入れた人々

最近ハロウィンを取り入れてハロウィンライブをするバンド、アーティストが増えてきました。先駆けはやはりHYDEさんではないでしょうか。HYDEさんもともとティムバートンの世界観好きらしいですし、仮装もとても似合いますしね。VAMPSとなったいまでもハロウィンライブは続けているそうですね。

仮装してライブに行けるっていうこの感じを見事に取り入れたと思います。 

HYDEさん好きな人もハロウィンのようなイベント好きですしね。実は私もVAMPSのハロウィンライブ1度いったことあります。

 

 

 

◯ハロウィンとファッション

青文字系雑誌を好んで読んでる人々は仮装ファッションが大好きなわけです。ボロボロなドレスとか、アリスとか。だからハロウィンと合わせていたのを、きゃりーぱみゅぱみゅとかモデルさんの影響で公になって広まっていったのも一つですね。多分これが一番大きいと思います。

KERAとか読んでる人たちは、今の現状どう思ってるんですかね。もともとやってたのこっちだからって思うのでしょうか。

ちなみに私もKERA読んでたので、今の現状は、嬉しいような、寂しいようなです。ひっそりとハロウィンイベントやりたいって気持ちもあります。

 

 

 

こんな感じですかね。日本レベルのイベントになってくれるのは嬉しいのですけど。私はコスプレイベントとは差をつけてほしいなってちょっと思います。あくまで、ダークなイメージ。おばけじゃなくてもいいから。仮装とコスプレを分けてほしいって思います。どこに差があるんじゃいって思いますが笑

魔女とか、ドラキュラとか、フランケンシュタインとか見たいなー。そこを初音ミクとか、ドラゴンボールとか、マリオとか、ハロウィンらしくないじゃん!って思います。個人的な意見です。ダークなイメージほしいです。

 

 

 

今年もハロウィンがやってきます。私は小売業界の人間なので、どうやってハロウィンと絡めて売り上げ伸ばせと言われてます。私の部門ではどうすることもできないって思う時点で、まだまだハロウィン普及してないのかもですね。ハロウィンも仮装することなく仕事します。今日はハロウィンの記事でした。

ハッピーハロウィン。脅かしすぎてみなさん警察呼ばれないように!

それでは。

 

ベジータが愛される理由とは

アニメ・漫画

私が一番好きなアニメはやっぱりドラゴンボールなんです。アニマックスで再放送みてからもうずっと好き好き言ってます。

そんな中で、生きてるうちにドラゴンボールの最新作映画をリアルタイムで見れたし、あと今新作連載アニメを地上波で見れる喜びですよ。

 

 

 

 

そして、私が一番好きなキャラクターは今も昔もベジータなんです。

 

 

 

f:id:blacksto:20161021203542j:image

最近買ったつままれシリーズのベジータさん。

 

 

 

 

そしてこちらは集めたガチャガチャのベジータさん達

 

 

 

f:id:blacksto:20161021204012j:image

初期のベジータいませんし、超サイヤ人4もいないのは悲しいですね。

 

 

 

私は、もちろんベジータずっと大好きなのですが、結構な人気キャラですよね。なぜ人気なのか、今日は自分で少し考えて見たいと思います。

 

 

 

◯プライド+ツンデレ王子というキャラクター 

キャラクターとしては、人気が出るべくして人気が出たというキャラクターですよね。ツンデレという類のものは人気キャラには必要な条件でありますからね。

あとこんななりで王子なもんだから、それだけでキャラが濃いですよね。

しかしこの感じだけ見れば、いろんなアニメにいそうなキャラではあります。

 

 

 

◯典型的なライバルキャラ

人気キャラになり得るためには主人公であってはならない。一旦敵として登場して今は味方となったキャラクターって、ライバルになりがちでベジータもそんなキャラクター像の1人であります。るろ剣斎藤一、幽白の飛影、ちょっと違いますが、ガオレンジャー玉山鉄二とかね笑 ガオレンジャーをわかる世代が見てくれてることを祈りますが笑

最初印象が悪いやつって後からよくなるとグッとくるキャラクターになるんですよね。なんだか不良ドラマみたいです。

こうやって比べてもまだ、ベジータだからって部分はまだないですね。

 

 

 

ドラゴンボールの特有の新興関係にうまくハマった

そもそもドラゴンボールって結構繋がりが広いというか、家族ぐるみで仲が良い集まりなんですよね。ストーリー的にベジータはブルマが妻になりまして、それで話が進んで行くのですが、これがうまくハマったと私は思っています。

あのベジータが家族をもった。しかもブルマ。どんどん人間らしくなっていく。あれベジータってこんな一面あったのかーが私は楽しくてしょうがないです。

ベジータって息子と組手してるのかー、意外と父親らしいんだなーとかね。ブルマのこと意外に愛してんだなーっとか。悟空と比べられるの実はけっこう嫌なんだなーっとか。

ベジータだからこその人気って結構そこが強いと思います。

 

 

 

◯孤独で努力家

最初自分の力を過信してるイメージでしたが、悟空みたいに師匠をとらず、強くなるために、必死にひとりで努力してるベジータ

そこも魅力ですよね。強気なこと言うために実はけっこう努力してるベジータ大好きです。

 

 

 

◯ギャグとしての使われ方の確率

私は思います。ビンゴダンスで笑われるベジータはまぁいいですよ笑

でも、「だにぃ!!」「もうだめだ、おしまいだ...」ってベジータはガチなんですよ。そこがめちゃくちゃいじられてしまうベジータ最高です。

割とベジータがつける技のネーミングセンスもやばいですよね。「ビックバンアタック」とか「ファイナルフラッシュ」ってすごくベジータガチなのに、そのガチさ加減がネタにされてしまう笑 そんなベジータも好きです。

 

 

 

いっぱいベジータの良さ考えてみましたが、まだ伝わりきれません!!!私は本当にベジータが一番好きなのです!!!!

ベジータが好きな方一緒に思いを語り合いませんか?笑

よかったらコメントお願いします。

 

 

 

今日はベジータに関する記事でした!

見てくれた方ありがとうございます。毒キャベツでした。

それでは。

 

 

大学生を経験したという病

雑談

毒キャベツです。きょうは半休なのでマックでテキサスバーガー食べてのんびりしております。嬉しい復活ですね美味いです。

 

 

 

今日は最近ずっと続いてるもはや病気だと思っていることを記事にしていきたいです。

 

 

 

私は新入社員なのですが、社会にでたら、今までの比にならないくらい忙しくなりました。まぁ当然ですね。大人になったってことですから。でも、もうずーっと大学に戻りたいって思います。多分本当にクズみたいな生活していたんですよ。

大学の時あんなクズみたいな生活してなかったら、多分もうちょっと仕事に対して疲れを感じないと思いました。

 

 

 

人間関係関してもです。仕事の人たちと絡んでも、本当の自分を出したくない。距離感を保ちたいと感じるのは、大学生の時出会った人たちが最高だったから。最高の人たちとまだ繋がれている。ここで自分の居場所を作りたくないってちょっと思ってます。

 

 

 

でもこれって結局損しているってことなんです。大学は4年で終わりなのに。仕事はずっと4年以上やっていく場所なのに。そこで自分を出せないのは、将来を捨ててるようなもんなんですよね。

 

 

 

過去の楽しかった記憶に囚われる病気。これは多分一生治らないと思います。

この病気故に、仕事が人より楽しくなくなる。仕事の人とのコミュニケーションがなくなる。人付き合いが悪いやつだと罵られる

 

 

 

もう、割り切るんだ。仕事をちゃんとしていくことこそ大事なんだと。なんども考えました。

仕事が楽しくできない。割り切ってやっているこの感覚。

 

 

 

大人なりたくない。ずっと子供のままでいたい。やりたいことだけやりたい。仕事はやりたいことをしたい。

 

 

 

これを叶えられる人何人いるんでしょうかね。

 

 

 

病気は病気と向き合い。最近大学の友達と会ったらきっと仕事に手がつかなくなるって思ってあっていません。多分変わったなって言われるし、それはなんかすごく悲しい。ああ、自分はとうとう社会生活にとけこんでしまっているんだなと。とけこみたくない。どこか、社会生活不適合者でいたいって思ってしまっている。

 

 

 

私はやめてこそいませんが新入社員がかかるであろうこの病気。治りはしませんが、共に戦いましょう。

 

 

 

それでは。

今日はここまで。更新頻度をあげていきます。

毒キャベツをよろしくお願いします。

近況報告

お知らせ

だいぶ仕事が落ちついてきましたので明日から更新頻度を高めようと思います。

年末年始まではゆとりがありそうです。

 

 

 

ライターの方とかブロガーの人に憧れて初めたブログなので大事にしていきたいです。

 

 

 

音楽、ファッション、ゲーム、お出かけのことがメインになりそうです。そんな気がします。

 

 

 

今後ともよろしくお願いします。